第7回日本少年野球北海道選手権大会 対 札幌北広島ボーイズ

とかち道東・札幌石狩連合

 

対 札幌北広島ボーイズ戦
3 対 6 負け

 

初回ノーアウト満塁で,『当球団不動の4番』中嶌輝希選手のタイムリー2ベースヒットで3点を先制し,この試合の主導権を握るも,3回,4回と相手打線につかまり3点ずつ計6失点.

5回,6回と当球団キャプテンの矢花大聖投手,『扇の要』山田悠真捕手のバッテリーで,相手打線を無失点に抑え味方の反撃を待つ.

最終回,とかち道東ボーイズのキャプテン澤田嵩生選手の3ベースヒットと中嶌輝希選手のファーボールで,1アウト1,3塁と粘りをみせるも,あと一歩およばずゲームセット.

 

 

試合の様子はこちらです