札幌石狩ボーイズに入ったきっかけと保護者の方の声をお伝えします

 

A君と保護者
『兄が所属しているチームだったので入団しました』

『合併前後ともに経験しましたが、野球をやるのは子供です。このチームは子供たちの団結、優しさ、思いやりがある、これがこのチームの売りだと感じています』


B君と保護者

『初めて硬式体験に行って、先輩たちが優しかった。体験なのに色々と指導してもらえたのは

 このチームだけでした。雰囲気も良かったし、M先輩がとても優しかったのでこのチームに入ること
 を決めました』

『中学生という多感で難しい年頃の子供たちに対して、指導者・保護者共に個々人の将来を       考えていることや少人数だから選手個々の顔が見え、子供と共に親も成長できるのがとても良いと
 感じました。』

C君と保護者

『いろんな球団に体験練習して一番よかったのが『自分に合っている』と感じられたこのチームです

 練習の雰囲気が良く、先輩たちがいろいろと教えてくれたことが嬉しかったことと、人数が少ないので いろいろと経験ができると思いました』

『石狩に入団して、野球に対する姿勢(礼儀作法・道具の管理など)が変わり少しは成長できたと感じています。チームの雰囲気も良く、監督・コーチに信頼を置いています。』

 

D君と保護者

『いくつかの体験したチームの中で、ぜひ石狩に入団したいと思った』

『親としてもこのチームの指導者に息子を任せたいと思い預けました』

 

E君と保護者

『初めて体験に行ったときに先輩たちが下の名前で呼んでくれた。すぐに仲間としてかかわってくれたことが嬉しくて入団を決めました』

『最初の体験参加で、息子がチームの一員として参加しているように見えました。指導者、父母の方々からも気軽に声をかけていただきました。子供達みんなが元気があり、のびのびと練習に取り組んでいる姿勢に、『ここしかない!』と思いました。少人数のチームのために問題もありますが子供達が野球に専念できるようにみんなで協力しあえる雰囲気の良いチームです』

 

F君と保護者

『いろいろなチームを体験して、一番自分に合っているチームだと感じて入団しました』

『親がかかわれるのは中学までだと考えています。その中でじっくりと自分の息子が活動するところを見れるチームです。子供が気持ちよく活動するために親がしなければならないことがたくさんあります。でもこのチームの親はみんな協力的で楽しくできるところが魅力だと感じています!』