『全力』

 をキーワードに高校野球で活躍できる

  『こころ』『からだ』『技術』の育成を行います。

 

1日1日の練習に明確な目的意識を持ち、心技体を錬成し、

3年後には選手個人の願いが花開くよう、一人一人の挑戦したい心

気持ちを大切に育てていきます。

もちろん夢に対しては明確な努力や練習といった裏打ちが必要です

 

練習においては以下の基本姿勢を選手に求めます

 

①基本プレーの徹底

     (走攻守すべてにおいて反復練習です)

②自己表現の徹底
     (自分の『ウリ』は何なのか?自分らしさとは?目一杯表現しよう)

③感謝の気持ちの徹底
(仲間、親、指導者、かかわっているすべての人に感謝の気持ちを!
                        プレイが変わります)

 

 毎日の積み重ねが試合に、そして将来につながっていきます

試合に関しては常に貪欲に勝利を目指します。

チームとして絶えず頂点を目指します。

頂点を目指すチームにあって、選手個々がチームに対しどういう役割を果たすことができるか、選手には絶えず考える野球を求めていきます。

 

中学野球は学童野球と違い、より実践的かつ戦略的に高度なプレーが求められてきます。成長過程の途中段階にある選手たちには、それに耐えうる身体作りも並列して行わなければなりません。

けがのしにくい厳しい練習に負けない身体作りも必要です。

 

選手だけでなく指導者も、選手が活躍できる

『こころ』『からだ』『技術』の育成に精一杯努めます。

どうぞみなさん、ぜひ札幌石狩ボーイズで一緒に野球をして皆さんの夢をかなえましょう!!

入団お待ちしております。

 

                札幌石狩ボーイズ 監督 長谷正宏